建築の仕事の求人ならおすすめサイトランキング

第1位 建築求人.jp

  • 初心者からベテランまで幅広く仕事を探せる建築求人サイト

  • 働く先の詳細な労働情報を分かりやすくチェック

  • 建築業界未経験者でも安心して働き始めれる安心の教育システム

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

建築求人.jpに対するみんなの口コミ

建築関係の転職活動を始めた際、こちらの求人サイトを見つけました。紹介される求人情報は私のような現場経験者が気にする必須項...
就業先や求人条件で困った事や疑問点があった時も、こちらの求人サイトなら丁寧なサポートで助けてもらう事ができます。特に現場...
てっきり現場仕事だけの紹介かと思ってましが、CADや事務関連の求人情報もあったのでありがたかったです。建築に関する幅広い...

日本中の最新建築求人を紹介しています

建築関係の求人を探すのなら、便利で求人数の多い建築求人.jpというサイトが確実です。日本全国津々浦々、様々な建築求人をピックアップしている求人サイトであり、豊富な業界知識によるサポートも安心ですよ。

第2位 KENCHIKU

  • 建築業界のキャリアアップに役立つ最新有力情報をお届け

  • 有名求人サイトと提携したキャリアアップセミナー

  • 「建築」をテーマにしたあらゆるイベント情報も紹介

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

KENCHIKUに対するみんなの口コミ

一級建築士として業界でも中堅クラスと言える立場にいますが、まだまだこの業界は奥が深い分野だと思ってます。最新の海外建築情...
有名大手求人サイトと提携している事もあり、私は転職活動に有利な情報をこのサイトで知る事ができました。現代建築業界の労働条...
こちらの転職支援サービスのおかげで、今まであまり把握しきれていなかった、自分自身の市場価値について細かく知る事ができまし...

ワンランク上の建築士ならこのサイト

建築士を始め、一流の建築関係者を目指すならば、必ず押さえておきたい有力情報を学べるのがKENCHIKUです。求人情報や建築セミナー情報など、建築関係者それぞれが学ぶべき知識情報を知る事ができます。

第3位 ケンチクびと

  • 建築士や電気工事士など技術職探しに特化した求人サイト

  • 「注目の求人情報」で優良案件情報をチェック

  • 具体的な求人条件を決めて精度の高い求人検索

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

ケンチクびとに対するみんなの口コミ

自分の住んでる地域に絞って仕事を探す時など、こちらのサイトが分かりやすくて非常に便利でした。資格や職場の詳細状況など、写...
CADオペレーターの私としては、AUTOCADやSHADEといった各種ソフト経験別の求人検索が使いやすかったです。自分の...
こちらで紹介してもらった応募先に見事採用してもらえたので、晴れてお祝い金をもらえました!無職期間が長くてお金の余裕が無か...

一般求人よりも探しやすい技術系サイト

土木や建築などといった特殊技術職の場合、一般的な求人サイトを使うのは適していません。ケンチクびとは技術者向け求人だけを専門に紹介していますので、建築関係者の求人探しならこちらが合理的ですよ。

第4位 スポニチ求人

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

自分に向いている仕事がここにきっとある!

建築現場や宅配ドライバーを探す時は、便利な検索機能を備えたスポニチ求人が使いやすいです。実際に現場で働いている職人さん達の仕事事例も紹介されているので、幅広い求職活動に役立てる事ができるでしょう。

第5位 セッケイびと

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

働きやすい建築事務所を探せる優良求人情報

丁寧なマッチングサービスを提供しているセッケイびとでは、建設・設計業界に強い丁寧な案件を紹介しています。お互いが失敗する事が無いよう、求職者と事業所それぞれの高い求人サポートを手がけているのです。

建築の求人ってどんなものがあるの?

眼鏡インテリアと建築、セットのようなものでみなさんも一度は耳にしたことはあるかもしれませんが、インテリアというものは建物の装飾を考える、すなわち「内側」の業務になり、建築というものは建物自体を作る、「外側」の業務になります。ここでは、その「外側」の業務の建築について紹介していきます。
建築の仕事というのは、建物の設計が大前提の業務になります。そしてパッと思いつくようなメジャーな職業というのはやはり「建築士」なのではないでしょうか。事実、国家資格が必要な建築士というのはその難易度の高さから独立しても稼ぎやすい人気の職業になっています。ですが建築というものは建築士だけでは出来ません。
建築士以外の建築の主な仕事とは、設計士が描いた設計図を、正確な図面に仕上げたりする「CADオペレーター」や、いわゆる現場監督にあたる「施工管理」、鉄骨造や木造などの条件によって建物の骨組みを決める「構造設計」など…このように一口に建築業務と言っても、さまざまな種類があり、建設にあたりそれぞれに適切な業務があります。
そして、それらの建築業に沿った資格というのもさまざまです。もちろん資格があれば仕事の幅が広がるでしょうが、建築の仕事というのは何よりも経験が重要になります。まずは建築業の中でも、自分がしたいものは何かをしっかりと考えて経験を積んでいくのもよいでしょう。

土木系の仕事について

設計図土木作業員という職業、みなさんもよく耳にするのではないでしょうか。ですがいざ建設業の求人を見ても「土木の仕事って何?」という疑問を持っている方も少なくないと思います。そこで、土木の仕事というのは主にどんなものがあるのか、詳しく紹介していきます。
まず土木作業員というのは道路や河川の工事など、さまざまな現場で作業をする人のことです。土砂の堀削や材料の運搬、現場清掃などの軽作業から始まりますが、2.30kgの重い荷物を運ぶ姿は…初めのうちはなかなか軽作業とは言えませんが、慣れていけば簡単な作業になります。そうなれば次は手元作業という業務を担当するでしょう。
手元作業とは、簡単に言えば大工さんなどの職人さんのお手伝いになります。たとえば、コンクリートを流す型枠の材料を切るお手伝いであったり、型を組むための固定作業のお手伝いをします。これ以上のお仕事となると資格が必要になるものが増えますが、それだけでも幅広い作業が可能ですね。
また、土砂崩れなどの自然災害による復旧工事を行う場合もあり、未経験の方でも大きなやりがいを感じられるのではないでしょうか。土木系の仕事にも経験は重要になってきますので、長く続けるのであれば免許や資格を習得することをお勧めします。

CADって何?

男性建築に必ず必要になってくる「CAD」、こちらは「Computer Aided Design」を省略した名称の事を指し、キャドと読みます。このCADというもの、簡単に言えば設計図をパソコンで正確に作ることが出来るソフトになります。イメージで言えば、計算をする「Excel」があり、文章を書く「Word」があり、図面を描く「CAD」といったところになります。
ただ、このCADにもさまざまな種類があり、分野によってさまざまなCADが使われているのです。これらはフリーで簡単にダウンロードできるものから数十万~数百万円するものなど、使用する分野によってソフトも異なってきます。
そして建築にあたりこのCADを使って図面を作る際には、CADのスキルが非常に重要になってきます。建築系の知識に比べると軽視されがちなCADスキルですが、建築に関する知識を豊富に持っていても、実際に施工図に表現しなければ伝わる事はありません。
さらに、図面の調整や修正、そして仕上げを行う仕事に「CADオペレーター」というのもあります。主に調整や修正を行いますので、高度な技術や知識を要求されることはありませんが、正確に修正できるスキルが必要になります。
どちらにしろ、建築施工図に触れる仕事に興味があるのならば、CADは確実に避けては通れない道になっています。知識だけではできない事もあるので、経験を積むことで慣れていくことが非常に重要なことと言えます。

電気設備の仕事について

笑顔の男性建設関係の現場で重宝されている一般人では施工できない工事の1つに、電気設備のお仕事があります。そしてその中には電気工事士や電気設備施工管理技士などがあり、電線施設や配線のメンテナンスや、コンセントや照明器具の取付など、電気に関わる幅広い業務を行っています。
さらに電気設備に関わる施工のみを管理しているだけではありません。電気工事士や電気設備施工管理技士は、電気設備関連はもちろん、新たな配線を追加する工事を行う場合もあり、配線の設計や施工にも携わっているのです。
さらに電気というのは必ず必要なものでもあるので、電気設備の仕事というものは非常に多くの方から重宝されており、各種工事などや、施工の現場においても大活躍しています。どの工事も電気工事士や電気設備施工管理技士が居なければ進まないといっても過言ではありません。
住宅はもちろん空港やコンビニなど多岐に渡る作業現場で、災害を防いで人々の生活を支える、やりがいのある飽きない仕事ともいえます。そして電気設備の仕事にも資格があり、資格に応じて携われる領域も変わってきます。電気工事士として働くのであれば、「電気工事士」の国家資格を取らなければなりません。適切な知識を持たなければ働くことが出来ないほど、重要な業務だということが分かります。

▲ ページトップへ